.

書籍の折込広告、スポーツ新聞紙、電柱に見かけるチラシやダイレクトメールなどで、「多重負債の整理任せなさい」「多重債務をまとめたくありませんか」と書かれたアピールを目にすることが多いです。こういったものは、「整頓業者」「買取業」「紹介屋」と呼ばれている企業の宣伝のケースもあるということなのです。そういったものを頼んだ場合では自己破産申請手順の中で最重要な免責認可を手に入れられなくなる可能性がありえます。「整頓人」というのは、DMなどで多重債務者を引きつけ、常識外の代金をもらって整理をやりますが、本当は整頓はなされず、債務者はさらなる借金スパイラルにはまる結末がほぼすべてと思われます。「買取業者」は、当人のクレジットで電化製品、飛行機のチケットを多量に購入させて負債者から品々を定価の2割から40%で買取るという方法が主です。一時的には小金が懐に入りますが、いずれクレジット会社によって買ったものの全額の請求が届き、本当は債務をアップさせる結果となります。この場合はクレジット会社に対する犯罪とされてしまい免責判定を受けられません。「紹介人」とは大手サラ金から拒絶されるようになった債務人に関して自分では貸出はしないでおいて、提供を可能である関係無い会社を知らせ、高い依頼料をもらう業者です。つなぎ業者は直接の手引きで融通してもらえたように説明しますが実際には特に何もせず、単純にルールの緩やかな業者を把握しているというだけです。このケースも本当は借金を重ねることとなります。